· 

STR 2019-2020シーズンに向けユサ選手の加入を発表

 2019年シーズンも耐久レースはあと1戦のところ

STRはユサ選手の加入を発表する。

 

2019年の耐久シーズンは2年ぶりのワトキンスグレン優勝により、シーズン1勝を達成することができた。

 

そして2019年最後の耐久イベントである「iRJA SUZUKA 10HOURS」へ新たなドライバーと共に鈴鹿に向かった。

 

 

 

今回加入するユサ選手は「Yukaridge Kiritanpo Racing」の表彰台獲得に貢献し、F3では高いポテンシャルを示しており、今最も勢いがあるドライバーの1人である。ユサ選手は10/21 STRとの契約に合意し、鈴鹿10時間よりドライバーとして参戦することが決まっている。

yusa, driver:

「耐久レースから遠ざかっていたところ、STRのドライバーとして拾っていただいたスクさんとメンバーの方には感謝しかないです。iRJA鈴鹿10H耐久レースがデビュー戦ということで気合は充分ですが、DAYTONA24h, Bathurst12H以降耐久レースはおろかGT3マシンからも遠ざかりFormula3, FormulaRenault2.0に乗り換えレースに出ていたので、多少の挙動の違いに対しての不安はあります。しかしチームの雰囲気は非常に良さそうなので、メンバーからアドバイスを受けつつ徐々に馴染みながらGT3マシンの感覚も取り戻していけたらと思っています。

とりあえず安定してスティントをこなすこと、チームとして耐久レースを楽しむことが目標です。よろしくお願いします」


スク, President and Owner of STR:

「新しいシーズンをユサ選手と共に迎えることができ、非常に嬉しい気持ちと共に、ユサ選手の走りにワクワクしている。今回ユサ選手を招き入れた事で、ドライバー同士がより一層ポテンシャルを発揮できる事を願っている。彼には鈴鹿から走ってもらう事となったが、彼のレースを見ることを今から楽しみにしている。鈴鹿で行われたテスト走行では、コースとマシンへの理解と適応が非常に早く驚かされてしまった。また彼は絵を描くのも非常に上手なので、私の新しい顔を描いてほしいくらいだよ。彼のポテンシャルとイラストに今後注視していこう。」