· 

SHR Nurburgring 24hで3位表彰台!

 昨年の道路標識の見間違えから早1年。今年もニュルにあの男が帰ってきた。しかし今年のアイツは違っていた。何故かその顔には自信が満ちている。

 しかし期待と裏腹にレースは過酷なものとなったが、なんとか今年初表彰台を獲得し、再びアメリカに旅立つこととなった。

 

 今回使用する車両 Porsche 911 GT3 Cupは人気が無く計4名でドライブすることとなった。

 

 スタートは私スクが担当し、スタートから順位を少しづつ上げ、安定してラップを刻んでいく。しかし、後方から迫るGT3が我々に追突し、壁と熱い抱擁を交わすこととなる。

 レース開始早々、同じカテゴリの車両に対してラップ遅れとなってしまう。何度目だろうか。

 

 しかしここで今回のエース登場。セミンは驚異的なラップペースで遅れを挽回していく。

 

眠りのありさ

今回の目玉でもある夜のGreen Hell。

 

しーなありさが居眠りをしつつ壁に衝突することもあったが、夜のレースペースは我々が一番早く、1周20秒以上早いラップで前とのギャップを縮めていく。

 

 

 

しなきんは壁との愛を深めていく♡

(私というものがありながら。。。)


夜のニュルを明け、朝を迎える頃には5位を走っていた。

 

GT3, MX5も夜の闇に何台も消え、既に走っているのは半数となっていた。しかしPorscheは最も生きながらえている。

 

最も運転が難しいカテゴリだが、それが故に運転者のスキルは非常に高い。しかしその中でもセミの速さ、他者のサポートによって着実に、確実に前とのギャップを縮めていく。

(この間クラッシュ8回)


 朝を迎え5位から3位まで順位を上げ、更に2位を狙おうかという位置まで来た。

 しかし4名のドライバーで回している披露のつけが回り、セミ様がクラッシュしてしまう。ここで2位を狙うのは厳しくなった。

 

 一時はポルシェ最下位まで下がりつつも、夜を超え昼を越えラップペースは一番早かっただろう。しかし勝てないのがニュルであり耐久レースである。昨年から狂い続けている歯車が少しづつ噛み合いつつあるが、完全に噛み合うまでもう少し時間がかかるようだ。

 

 しかし今はこの3位という位置を素直に喜びたい。

 

 次回はGT3編となります。

・MOST POSITIONS GAINED - Porsche 911 GT3 Cup 5th  --最もポジションを上げたチーム

Crew Comment


HiMA RACiNG KiWAMi

しーなありさ, #13 driver:

「今回は主に夜のスティントを担当することとなった。ニュルブルクリンクの夜は何度か走行経験があったので、最初は少し慣れるのに手間取ってしまったけど徐々に感覚を取り戻すことができた。すごく楽しかったし、チェッカーフラッグを受けることも出来ていい週末だった。SHRとして表彰台に上がれて嬉しかったよ!また今回のような結果が得られるように頑張っていきたいね。」


Shanghai Tamon Racing

めだっち, #13 driver:

「今回やっと憧れのポルシェでのiR Nür24Stunden参戦とのことでわくわくしながらレースにのぞめました。最終的には1スティントしか走れなかったけれど夜の帳の降りる中、確実に帰ってこれたのはよかった。来月の現地観戦に向けてもいい参考になったので、楽しみ。いってーきまーす(`・ω・´)」


スク, #13 driver:

「今回の私は昨年の雪辱を晴らすためにVLNで12時間の練習を積み、万全の状態で望んだつもりでいた。練習でも無所属の方を除いてはペースもよく、マシンフィーリングも非常にバランスの取れているものとなっていた。予選こそ下位に沈んだものの、決勝で挽回しトップと争う自信もあった。しかし決勝は虚しく、GT3との接触に伴い今日のレース運はあまり良くないものだと思っていた。多くのクラッシュを経験し、一時は表彰台すら狙えない位置を走っていたがここまで上がってこれたのは朗報だった。しかしチームとしてクラッシュが多いのは依然として課題だ。」


無所属の党

ミン, #13 driver:

「まず、今回のNur24hにチームメンバーとして迎え入れて頂いたSHR代表とチームメンバーにお礼申し上げます。

ありがとうございました。

私にとってNur24hは事実上の復帰戦でした。

表彰台に立つことができましたが、2度の大きなクラッシュや安定感のないドライビングは、今後の課題です。」


24 Hours of Nurburgring classification @split3


Qualifying Result

Pos Team Car Best Lap Gap
1st Team Top Rainbow Binners Porsche 911 GT3 Cup 8:30.822  
2nd Real Pixel Motorsport -I- Porsche 911 GT3 Cup 8:33.199 +2.377
3rd PRODRIVESHOP IRACING TEAM 24H Porsche 911 GT3 Cup 8:34.216 +3.394
7th Shanghai HiMA RACiNG Porsche 911 GT3 Cup 8:37.090 +6.268

Race Result

Pos Team Car Gap Laps
1st Team Stik Racing Endurance Red Porsche 911 GT3 Cup  -19 L 153
2nd HISPANIA RED WINGS Porsche 911 GT3 Cup -21 L 151
3rd Shanghai HiMA RACiNG Porsche 911 GT3 Cup -22 L 150